女性の出産前後の
就業経歴について

日本では有職女性の6割以上が、出産を機に離職をしています。出産というタイミングでメンタルの変化、勤め先との心理的な距離感に加え、長い休暇をとることができる環境が用意され、キャリアチェンジに意識が向きやすくなるといえます。

これは、企業にとっては女性人材の流出による機会損失懸念でもあり、優秀な女性人材確保のチャンスととらえることも可能です。

子どもの出生年別第1子出産後の
妻の離職率

子どもの出生年別第1子出産後の妻の離職率
  • 不詳
  • 妊娠前から無職
  • 出産退職
  • 就業継続(育休なし)
  • 就業継続(育休利用)

[備考]

  • 1・国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生同行基本調査(主婦調査)」より作成。
  • 2・第1子が1歳以上15歳未満の子を持つ初婚どおし夫婦について集計
  • 3・出産前後の就業履歴
    • ・就業継続(育休利用)
      ― 妊娠判明時就業 ~ 育児休業取得 ~ 子ども1歳時就業
    • ・就業継続(育休なし)
      ― 妊娠判明時就業 ~ 育児休業取得なし ~ 子ども1歳時就業
    • ・出産退職
      ― 妊娠判明時就業 ~ 子ども1歳時無職
    • ・妊娠前から無職
      ― 妊娠判明時無職 ~ 子ども1歳時無職
子どもの出生年別第1子出産後の妻の離職率

優秀な女性人材の維持・獲得にはWLB(ワークライフバランス)支援の上手な導入が効果を発揮します。
ワークとライフがバランスしている状況とは、仕事、仕事以外の生活両方を完遂できている状況であり、片方、あるいは両方ができない状況をWLC(ワークライフコンフリクト)といいます。WLCに直面すると、人は仕事に意欲的に取り組むことが難しくなり、生産性や創造性が低下します。

すなわち、WLB支援とは、福利厚生のための施策ではなく社員に意欲的に仕事に取り組んでもらうために不可欠な人材活用上の施策ととらえるのが適切といえます。

マフィスをご利用いただいて
いる方の属性について

マフィスをご利用いただいている方の属性について

利用者の属性として、フリーランス・会社経営60%、リモートワーカー25%、自己投資など15%に分かれており、職種もさまざまですが士業や手に職系の方々であることが特徴です。

【フリーランス】

  • ・ライター(WEBメディア、雑誌)
  • ・食育スペシャリスト
  • ・ジャーナリスト
  • ・スタイリスト
  • ・アプリ開発ディレクター
  • ・WEB&DTPデザイナー
  • ・経営コンサルト
  • ・医師
  • ・弁護士
  • ・経理士
  • ・会計士
  • ・翻訳家

【リモートワーク】

  • ・食品メーカー栄養士
  • ・情報メディア編集
  • ・編集アシスタント
  • ・バックオフィス全般担当者
  • ・医療系コンサル企業営業担当者

【自己投資ニーズ】

  • ・キャリア系資格取得
  • ・趣味系資格取得
  • ・博士論文執筆
  • ・看護師(学士取得)

弊社のサービス

現在、ご利用いただいている方の他にも、都心からある程度距離のある住宅街には育児や介護という制約により自宅から物理的に離れることが出来ず、従前のキャリアを活かせないママ人材がたくさん眠っています。
このような人材を活用する場所して、マフィスを活用いただくことが可能です。なお、リモートワークの実施に際しては、マフィス馬事公苑のみならず、連携先の保育付きシェアオフィスもご紹介させていただきます。

【主なサービスの内容】

  • ・リモートワーク環境の提供(託児サービス付の提案も可能です)
  • ・リモートワーク導入支援
  • ・ジョブマッチングサポート
    *提携先である人材紹介会社様との連携により業務を遂行いたします)
サービスイメージ

マフィス最新情報

CAMPAIGN

「はたらく女性のかていきょうし」
タブタカヒロさんとかてきょ割・マフィス割実施します!

EVENT

【マフィス馬事公苑】4月以降のご利用、若干名の空き枠でました

NEWS

【マフィス横濱元町】1歳児枠のキャンセルが出ました!

ご見学・お問い合せ お問い合せフォームはこちら

ご見学・お問い合わせご見学・お問い合わせ

[平日] 9:00–18:00 [土曜] 10:00–18:00